気になる購入方法

苗

ガーデニング用品の購入方法

冬の植物を上手に育てるための肥料や活性剤、殺虫剤はネット通販が便利です。何かとお得な会員登録制度を使えば、便利でお得に商品を購入できます。

READ MORE

耐寒性抜群の植物ばかりが集合

肥料や水やりも大事ですが、冬の植物は耐寒性が優れているので他の季節よりも育てやすいというメリットがあります。この時期の植物は水をたっぷりあげても根腐れしないので良いですね。

美味しい実をならす冬の人気植物

園芸用品

皆が好きなブロッコリーも冬の植物

鉄分やカルシウム、ビタミンCを多く含んでいるブロッコリーは、栄養価が非常に高く、いろいろな料理に使える人気の野菜です。メインであるつぼみを取ってもしばらくは収穫できるので長い間ブロッコリーが楽しめます。日当たりの良い場所を好む一方で、水やりは花にかからないよう気を付けることが重要です。根腐れしにくいためたっぷり水を与えてもOKです。また、ブロッコリーの場合、酸性土壌が非常に苦手なので、植え付ける前に石灰を混ぜる必要があります。プランターで育てる際は、過湿にも気を付けてください。水はけをよくする培養土や有機質を含むものは植物を育てる時の良いサポートになります。美味しい野菜を育てる植物専用の土や肥料は専門サイトで購入できますのでブロッコリー栽培に興味がある方は必見です。

初心者にも育てやすい冬の植物「カブ」

ビタミンCやカルシウムが豊富で大カブ、小カブ、中カブの三種類があります。白いものや紫のカブ、形も細長いものから丸く太いものまで豊富にあります。どのタイプも育てやすく、初心者向けです。中でも子カブは冬の植物の中でも非常に育てやすく、日当たりの良い場所に置けば沢山実をつけます。こちらもブロッコリー同様、たっぷり水をやっても根腐れせず、植え付けも保水力と通気性に優れた培養土、有機物を含んでいる水はけを使うことで、ブロッコリーと一緒に育てられます。ただ、アオムシやアブラムシなどの害虫が付きやすいので、土に混ぜるだけの殺虫剤で予防と対策をし、守る必要があります。

プランターで立派なハクサイが育つ

漬物や炒め物など、様々な料理に使えるハクサイ。生活習慣病の予防になると最も注目されている冬の植物です。スーパーや八百屋さんで見かける円周型のハクサイが主流ですが、ミニサイズのハクサイや包号形、半結球形はプランターでも育てることができます。この場合、上手に育てるには野菜用の肥料を使うのがベストでしょう。苗を植え付けた後、たっぷりの水を与えることで瑞々しいハクサイが出来上がります。いろいろな冬の植物に使える肥料は土に混ぜるだけの簡単な使用方法なので手間もかからず良いでしょう。ただハクサイもアブラムシ対策をしなければ葉が全て食べられてしまいます。害虫が付きやすい分、対策が大変ですがその都度発見したら害虫をやっつける専用の殺虫剤を噴射し、様子を見ることが大切です。

肥料の選び方

手間がかからない肥料がおすすめ

冬の植物にしても花にしても、立派に育てるには置き場所や水やりなど規則正しく行う必要がありますが、これが意外に面倒です。初心者向けに作られた肥料は、1シーズンで大体3、4か月に一度土にふりかけるだけのシンプルな商品なので、ガーデニング自体が初めての方にも最適です。

気象状況に惑わされないタイプも人気

一回ばらまくだけの簡単な肥料は、熱や雨に強い性質をもっています。特に冬は気候の変化が激しいので、影響を受けないものが使いやすいでしょう。樹脂コーティングの物は手が汚れず、ほとんど臭わないため作業もしやすいです。

水で薄めたものを使う

冬の植物を育てる上で大変なのは葉っぱに害虫が住み着くことです。対策としては、肥料と一緒に殺虫剤を使うことですが、植物への影響が心配されます。ガーデニング専用の殺虫剤を選ぶ場合は原液タイプではなく、薄めて使うタイプを選定しましょう。植物に優しい商品は、害虫駆除と肥料やり両方ができる優れものです。

栄養満点の万能肥料で上手に植物を育てる

ハクサイやブロッコリー、冬の花など多種多様の植物に使える肥料は、ガーデニング初心者や上手く育てられない人に向いています。こちらも水を薄めて使うタイプなので、コスパもいいですよ。窒素やカリウム、微量要素が花の色をよくしたり、実つきをよくしたりするのでこの肥料を使えば豊作です。

寒さへの耐久性を付ける栄養剤

冬の植物とはいえ、一気に気温が下がると耐久性のない植物は枯れてしまったり元気をなくしてしまったりします。抵抗性を付けるなら、各種ミネラルが入った肥料を選びましょう。伸び伸びと育つ栄養素がバランスよく配合されているので、抵抗性だけでなく、根の張りもよくなります。

広告募集中